○ プロフィール

yama@管理人

Author:yama@管理人
4人と1匹で東京に生息

椎茸のパートを卒業後
大学の学生食堂で調理補助のパートを
泣く泣く辞め?
只今、ペンキ屋さんでWebの仕事中
格好良く言うとWebオペレーター(笑


夕方は掃除・洗濯
夕飯の支度に愛犬の散歩
娘のお稽古事の送迎と
毎日、バタバタと過ごしてます

写真大好き☆
なのですが、最近はなかな撮る時間がなく
更新もスローペース。。。

たまに時間が出来ると
更新ほったらかしで!?
お菓子やパンを作ってます

まったりと更新中ですが
ヨロシクお願いします♪

link freeです☆

fotologue * Ma Maison *
fotologue * Ma Maison2 *

* * * My Camera * * *

MINOLTA α-303si SUPER(遂に故障!?)
MINOLTA α3Xi
NIKON F80D
CONTAX Aria
LOMO LC-A
NATURA CLASSICA
RICOH CX3

* * * * * * * * * * * * * * *





* 訪問者数 *

sweet candy 無料カウンタ
sweet candy 無料カウンタ
sweet candy 無料カウンタ

○ UNIQLO CALENDAR
○ 最近の記事
○ カテゴリー
○ 最近のコメント
○ 月別アーカイブ
○ メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Link
ブログ内検索

2008/04/09//Wed * 22:46
○ あれから1年

NIKON


NIKON F80D TAMRON SP AF 90mm F2.8 Di MACRO
FUJICOLOR SUPERIA 100

あれから1年が経とうとしています
彼は元気にしているのかしら。。。。
4月、日が暮れるのが伸びたとは言え
6時半にもなれば、外は真っ暗

6時を過ぎても
我が家の壁に寄りかかって家に帰ろうとしなかった彼
まだ2年生になったばかりの
小さな彼の体には無数のアザが・・・

彼は両親から虐待を受けていた
その彼が、家に帰りたくないと
口にはしなかったけど
態度で必死に訴えていた

次の日
彼を保護してくれるように
校長・副校長・担任の先生と話をしていた最中
彼は、土砂降りの雨の中
また我が家に前にやってきていた

この日を最後に
彼の姿は学校にはない
児童相談所で保護してくれた

彼の瞳
私は忘れる事が出来ない
あんなに悲しい瞳を見たことがない

でも
その彼の瞳が微笑んでいた
最後に彼と学校ですれ違った時に



スポンサーサイト





Comments on this preview ○    

○ 2008/04/09 23:42
 yamaさんの以前のこの話、前に読ませて頂いていました。
 
 守ってもらえるはずのお父さんお母さんにこんな仕打ちを受けた
記憶を背負って生きていく彼の気持ちを思うと本当に胸が痛みます。
「虐待を受けた子は虐待をする」なんて言われていますが、私は違うと思います。
 きっと、辛い状況から救ってくれたyamaさんのような人々の心を感じ、あたたかい
人間に育ってくれると信じています。彼にこれから素敵な出来事がたくさんありますように・・・
 
 児童虐待・・・この世界から無くなる日が来て欲しいですね
 私の友人や親戚に不妊症で悩んでいる子がいて、こういうニュースを見る度に皆
「私たちの所にこの子達がきてくれればいいのに」と言っていました・・・
 本当にそうですよね。生まれてくる子供達が皆幸せになれる環境に生まれてくれば
いいのになぁ~
 同時に子供をしっかり守れて、愛をたくさんあげられる親にならないといけないと
改めて思いました。

 yamaさんのお話、国立療養所のこともそうでしたが普段忘れがちな日常の陰に
なっている部分に触れられていたりして、日々を振り返る大切な時間をもらっている
気がします。
 
 ↓の娘ちゃんとのやりとりはとってもかわいくて、
おもしろくて^^娘もこんな子ユーモアのある子になってくれないかな~
なんて思いました^^大変な事も多いけど、子育てってやっぱりおもしろいですね♪

 とても長くなってしまいました~ごめんなさい(汗)
 

○ 2008/04/10 00:25
yamaさん、こんばんは。
泣かない私が珍しく泣いた記事。

重いです。

親を変えることはできなくても、幸せに生きる権利は彼にはある。
その道筋をつくってあげるのは 親であることが最適だけど、そうじゃない場合もある。

自分のことしか考えてない人々、
見て見ぬふりをする人々、
すぐに忘れてしまう人々、
なにも感じなくなってしまった人々、

少なくとも自分はそうはなりたくない。

海外では もっと悲惨な環境に生きる子供たちも 今 この時間を生きてるわけで。

小さな小さな地球上でのこと、愛が足りない。

愛が足りないね。


○ 2008/04/10 16:54
★chura-timuさんへ★
こんにちわ^^

こんなに身近に
起きていたなんて信じられなかったです
彼のお父さん、のうのうと生きてますよ
彼には4年生のお姉ちゃんがいるのですが
彼女も暴力は振るわれていないみたいですが
髪を短く切られたりと・・・・

私のお友達にも子供がいなく
同じように言ってました

色々と考えちゃいますよね
彼にいつか逢えたら嬉しい
ぎゅっと抱きしめてあげたい

○ 2008/04/10 17:02
★agehaさんへ★
こんにちわ^^

彼の小さな体
あまりにも可哀想で抱きしめた
あの感触、今も覚えてます
いつか、また逢えたら
抱きしめたい

無関心な事ほど
恐ろしいものはないですよね
なんで
こんな世の中になっちゃったんだろう
一人で生きてるんじゃないのにね










ブログ管理人にのみ表示を許可する


trackback
trackback_url
http://yamayamayamas.blog91.fc2.com/tb.php/273-e0bb4cb3

[TOP]
copyright (C) 2006 que ser,ser all rights reserved. [ template by *mami ]
//