○ プロフィール

yama@管理人

Author:yama@管理人
4人と1匹で東京に生息

椎茸のパートを卒業後
大学の学生食堂で調理補助のパートを
泣く泣く辞め?
只今、ペンキ屋さんでWebの仕事中
格好良く言うとWebオペレーター(笑


夕方は掃除・洗濯
夕飯の支度に愛犬の散歩
娘のお稽古事の送迎と
毎日、バタバタと過ごしてます

写真大好き☆
なのですが、最近はなかな撮る時間がなく
更新もスローペース。。。

たまに時間が出来ると
更新ほったらかしで!?
お菓子やパンを作ってます

まったりと更新中ですが
ヨロシクお願いします♪

link freeです☆

fotologue * Ma Maison *
fotologue * Ma Maison2 *

* * * My Camera * * *

MINOLTA α-303si SUPER(遂に故障!?)
MINOLTA α3Xi
NIKON F80D
CONTAX Aria
LOMO LC-A
NATURA CLASSICA
RICOH CX3

* * * * * * * * * * * * * * *





* 訪問者数 *

sweet candy 無料カウンタ
sweet candy 無料カウンタ
sweet candy 無料カウンタ

○ UNIQLO CALENDAR
○ 最近の記事
○ カテゴリー
○ 最近のコメント
○ 月別アーカイブ
○ メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Link
ブログ内検索

2007/02/09//Fri * 17:30
○ 虹の橋のたもと

Xiaostyle


Xiaostyle TDG-501

虹の橋は有名なお話
虹の橋の3部目、雨降り地区は前回ご紹介させて頂きました
今回は、虹の橋のたもと
こちらも虹の橋と共に紹介されているから有名ですよね

虹の橋のたもと
  
  天国とこの世を結ぶ橋がある

その橋は、様々な色合いから『虹の橋』と呼ばれている
『虹の橋』の一歩手前には草地や丘、青々とした緑あふれる谷がある
大切なペットは、死ぬとその場所へ行く
そこにはいつも食べ物と水があり、気候はいつも暖かい春のようだ

歳をとって、からだが弱っていたものは、ここへ来て若さを取り戻し、
からだが不自由になっていたものは、元どおりの姿になる
そして一日中いっしょになって遊んだりしている
橋のそばには、様子が異なるものもいる

疲れ果て、飢え、苦しみ、誰にも愛されなかった動物たちだ
他の動物たちが一匹また一匹と、
それぞれの特別なだれかといっしょに橋を渡っていくのを
ものほしそうに眺めている

彼らには特別なだれかなどいない
生きている間、そんな人間はだれひとり現れなかった。
しかし、ある日、動物たちが走ったり遊んだりしていると、
橋への道のかたわらにだれかが立っているのに気づく
彼はそこに繰り広げられている友の再会をものほしそうに眺めている

生ある間、彼はペットと暮らしたことがなかった
彼は疲れ果て、飢え、苦しみ、だれにも愛されなかったのだ
そんな彼がポツンと立っていると
愛されたことがない動物が
どうして一人ぼっちなのだろう、と近づいてくる

すると、不思議。
愛されたことがない動物と愛されたことがない人間が
互いに近づくにつれ、奇跡が起こる
なぜなら、彼らは一緒になるべくして生まれたからだ
この世では決してめぐりあえなかった特別なだれかと
大切なペットとして
今、やっと『虹の橋』のたもとで彼らの魂は出会い、
痛みや悲しみは消え、友はいっしょになる

そしていっしょに『虹の橋』をわたり、もう二度と別れることはない

--- 作者不明 ---


先日、公園で毒薬が混ざったお米を食べて
亡くなってしまった動物達が
虹の橋のたもとで、特別な誰かと出会える事を祈ってます
スポンサーサイト





Comments on this preview ○    









ブログ管理人にのみ表示を許可する


trackback
trackback_url
http://yamayamayamas.blog91.fc2.com/tb.php/14-dfcadf90

[TOP]
copyright (C) 2006 que ser,ser all rights reserved. [ template by *mami ]
//